Pocket

Vesta Voiceは、News Vestaのスタッフが日ごろ受けた株式投資の相談を元にお届けするフィクションコラムです。

スタッフ

どうしたの?そんな青い顔して。

友人

いやぁ、実はさ、自動車メーカーの株を持ってたんだけど、急激な円高で株価が暴落しちゃったんだよね。給料日まで毎日昼飯抜きかもしれない。。

スタッフ

それは災難だったね。。輸出をメインにやってる企業に投資をする場合は、為替動向も気にする必要があるからね。

友人

でもさ、為替動向を気にするって言ったって、為替レートを予想なんか出来る気がしないんだけど。。

スタッフ

どうして?

友人

だって、為替レートって変動する要因がたくさんありそうで、把握しきれない気がするもん。個別株なら、企業業績とか関連ニュースだけ把握しておけば予想出来そうだけど、為替って政策金利で動いたり、中東情勢で動いたりしてわけ分かん無くない?

スタッフ

確かに、為替レートの変動要因は幅広いよね。

友人

それに、為替相場って外国人のやり手の方々がトレードに参加してそうで、そんな怖い人たちと戦っても勝てる気がしないもん

スタッフ

戦うわけじゃないけどね…笑

まあ、確かに為替相場って素人が予想出来ないイメージはあるよね。

でも、為替相場の変動要因って実は4つしか無いんだよ。

友人

え?そんなわけ無くない?もっとたくさんありそうだけど。

スタッフ

そりゃ細かく考えれば無数にあるけどね。大きく分けると変動要因は4つなんだ。この4つの変動要因を意識するだけで、為替相場をより理解することが出来るよ。

友人

教えて!

スタッフ

まず、為替相場の変動要因は大きく「政治要因」と「経済要因」に分けることができるよ。そこから、さらに、政治要因の中でも「コントローラブル」なものと「アンコントローラブル」な要因に分けられるね。また、経済要因も「貿易要因」と「投資要因」に分けられて、計4つの変動要因に区別可能なんだ。

友人

なるほどね~

じゃあ、まず、コントローラブルな変動要因ってなに?

スタッフ

これは、中央銀行による市場介入とか、政府の財政状況とかだね。中央銀行が行き過ぎた円高を是正するためにドル買い介入などをすれば、為替市場が円安に動く要因になるね。あと、財政が悪化した国は、通貨安に動きやすいね。

友人

それらの変動要因は、政府によってコントロールできるってことね。

スタッフ

そういうこと。

逆にアンコントローラブルな変動要因は、歴史的動向とか地政学的要因が挙げられるね。

歴史的動向っていうのは、英国が世界の覇権を握っていた時代から、それが米国に代わったりと、100年単位で考える国家の力関係の推移ってことだよ。地政学的要因っていうのは、中東情勢とか半島情勢が不安定になった時に、安全資産である円が買われたりすることね。

友人

確かに、テロとか紛争は国家がコントロール出来るもんじゃないよね。

スタッフ

それでここまでが政治的要因ね。

で、ここからは経済的要因について説明するね。

友人

経済的要因にも2つあるんだったよね。

スタッフ

そそ。まず、基本は貿易要因だね。輸出が盛んな国、つまり貿易収支が黒字の国ほど、通貨の押し上げ要因になるよ。

友人

なんで?

スタッフ

輸出したってことは外国の通貨で代金を受け取ったってことだからだよ。その外国の通貨を自国通貨に両替する需要が生まれるから自国通貨高の要因になるんだ。それで、自国通貨高になると輸出は不利になるから、為替相場は自動的に貿易の不均衡を是正する仕組みを持っているとも言えるね。

友人

なるほどね~

スタッフ

でも、貿易要因はあまり為替相場において重要では無いんだ。大事なのは投資要因。

友人

投資要因?

スタッフ

投資要因っていうのは、金利差とか経済指標のことね。基本的に金利が高い国の通貨は需要が伸びて、上昇するよ。世界中の投資家は常に資金の運用先を探していて、金利の高い通貨を持っていた方が高利回りの運用を見込めるからね。同じ理由で、良い経済指標が発表された国の通貨は上昇する。景気の良い国で運用した方が利回りが見込めるからね。

友人

なるほど!じゃあ、この4つの要因を見てれば、為替相場を予想できるってことか!

スタッフ

まあ、予想できるとまでは言わないけど、為替相場の動きを漠然と見ているよりも、変動要因をきちんと体系化して把握した方が為替相場を理解できるよってことだね。

海外投資に興味があるけど、今一歩踏み出せない?
自信がないあなたには《無料》資産運用アドバイザー「VESTA」がおすすめ。

資産運用AIアドバイザー VESTA(ベスタ)

Pocket